2009年11月15日

心をこめて2

先日お預かりした思い出のテーブル
只今研磨作業中です。
家具は基本的には工場などの流れ作業にて製作されます。
塗装は非常に強固で頑丈です。
木目を残す塗装(OSCL)オイルステインのクリアーフィニッシュ
なので傷を消すのにはまず素地まで削らなくてはなりません。
傷の上から似たような色で着色しても治らないのです。
SANY0108.JPG
家具の塗装は3層構造です。
素地の木に色を着色 ベースの色です。
この塗料が塗膜を張らずに染み込んでいき木目を残してくれます。
次にサンジングです。 着色が終われば保護の為のクリアーを
厚く塗装するのですが、木は塗っても塗っても塗料が染み込んでいく
ので染み込むのを止める役割をします。色は無色で一度塗れば
大体染み込みは止まります。最後にクリアーフィニッシュです。
机なので傷がつきやすいのでかなり分厚く塗装してあげるのが
ベストです。塗っては乾かし1000番程度のペーパーにて
研磨 この作業を繰り返せば繰り返すほど仕上がりに影響します。
時間がかかる作業です。
SANY0111.JPG
posted by スプレイマン at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。